トップページ > 診療案内 > 歯周病治療

歯周病治療periodontal disease

お問い合わせ・ご予約はコチラ06-6799-1330・診療時間

診療内容

一般歯科歯周病治療歯根治療小児歯科(キッズクラブ)口腔外科メタルフリー矯正歯科審美歯科インプラント|歯石取り|検診|その他、歯に関することは何でもご相談ください。

●各種保険取扱い

Link

庄野歯科クリニック/大阪市平野区長吉出戸の歯科医院/Facebook
庄野クリニックお知らせブログ
庄野歯科クリニック/大阪市平野区長吉出戸の歯科医院/TOOTH FAIRY

庄野歯科クリニックは日本財団が運営する「TOOTH FAIRY」 の企画に賛同しています

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

「歯を失う最大原因 歯周病」歯周病治療

歯周病治療/庄野歯科クリニック

 歯周病は、サイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも呼ばれるように、痛みなどの自覚症状が出にくく、症状が顕著に出る状態にまで放置してしまうと既に歯周病が進行してしまっています。

 最近では、歯周病と全身疾患との関係も明らかになってきており、まさに「歯周病は万病のもと」とも言えるでしょう。

 庄野歯科クリニックでは、歯周病治療に力を入れ早期発見早期治療を心がけております。

 歯周病と一言で言っても、一人として同じ病態ということはなく、皆さんそれぞれに状態が異なります。そのため、お一人お一人に合った治療計画をしっかりたて、これまで歯科医師として得てきたノウハウをもとに、最善の治療法を選択し、より良い治療を心がけていきます。

 歯周病の主な原因は、細菌です。歯と歯茎の境目にある溝(ポケット)に細菌の塊である歯垢(プラーク)がたまり、それを放っておくと唾液中のカルシウム成分が沈着して歯石という硬い石灰物に変化します。この歯石の中に無数の細菌が入り込んで歯茎に炎症を起こすのです。

V−7歯ブラシ/庄野歯科クリニック

 歯周病を治すにはこの歯石を完全に取ってしまわないと治りません。しかし、いくら歯石を取ったとしてもポケット内にプラークが残っていると又歯石は付いてきます。ポケット内のプラークを取るにはどうすればいいかというと、ブラッシング(歯磨き)しかありません。
ただポケット内を磨くのは簡単ではありません。

 そこで庄野歯科クリニックでは、V−7というハブラシを使ったつまようじ法という磨き方を推奨しています。

これは、色んな方法の磨き方がありますが、歯周病対策としての磨き方にはぴったりです。この磨き方をすると最初はほとんどの方が歯茎から出血し、ちょっと痛いなと感じると思います。

それは、プラークがポケット内に残っていて歯茎に炎症を起こしている証拠なのです。
普段磨けていないポケット内は細菌がいっぱいいて、細菌の出す毒素に対して自己免疫反応による炎症を起こし、そこにV−7の毛が入ると当然痛いのです。

しかし、プラークがとれて炎症が治まってくれば出血や痛みはましになりますので、安心して下さい。

 庄野歯科クリニックでは、このつまようじ法を歯周病治療(歯石取り)の前にご指導いたします。

お問い合わせ・ご予約はコチラ06-6799-1330/庄野歯科クリニック
トップページ診療案内医院案内設備紹介院長・スタッフ紹介アクセス
庄野歯科クリニック・06-6799-1330

庄野歯科クリニック 〒547-0011 大阪市平野区長吉出戸3-1-43 tel.06-6799-1330
Shono Dental Clinic 3-1-43Nagayoshideto,Hirano-ku,Oosaka-shi,Oosaka-fu 547-0011,Japan

copyright c 2011 T-Line All Rights Reserved. Customized by T-Line